Home > 被リンクを増やす

相互リンク

戦略的に、というよりもまず手始めにというところでしょうか。
他の人のサイトへのリンクを張り紹介させていただく事の対価として、自分のサイトへもリンクを張って貰うという形です。
リンクを辿って訪問者を増やす、というメリットの他に、はじめにで書いたように、SEOに効果があります。

また、きちんと整理、管理されたリンク集は、魅力的なコンテンツの一つとなり得ます。

リンクシステム(被リンク増殖システム)

主にリンクシステムを紹介することで、リンクが増殖していくという無料サービスです。
参加するには、この無料サービスシステムを提供しているサイトに登録し、自分のホームページに指定されたタグを貼ります。
そのタグには紹介元親サイトのリンクが表示されるため、親サイトは宣伝してもらえるという仕組みです。

その仕組みをプログラムで提供しているため、親サイトへのリンクを張らずに参加するといったズルはできません。

その上で、自分のホームページでそのサイトを宣伝すると、それを通して新規に登録した人が自分の子になって、自分のサイトを宣伝してくれるという仕組みです。
相互リンクとは違い依頼が必要ないことや、SEOの一環としての割り切った登録など、被リンクを得ることが比較的簡単です。
また、相互リンクよりも一方的なリンクの方が、SEOに高い評価を得られるとの示唆もあることから、得られるのは良質なリンクと考えられます。
同様のサービスは複数あるため、細かくは各サービスによって違いがあります。

バナーエクスチェンジ(バックリンク強化ツール)

自分のサイトで、他の参加者のサイトへのリンクを表示する代わりに、自分のサイトへのリンクを他の人のサイトで表示してもらうという、リンク交換サービスシステムです。
ほとんどのバナーエクスチェンジシステムでは、JavaScriptやiFrameを利用して動的にリンク先が変わるシステムとなります。
動的であるため、SEO面の効果は無あるいはかなり低いものになると予測されます。
仮にSEO的効果は期待できないとしても、直接クリックして訪問してもらえる可能性がある以上、導入が全くの無意味とは言えません
同様のサービスはいくつかありますが、テキストのみを表示するもの、バナー画像を表示するもの、交換レートなど、あるいは表示枠の大きさなど、サービス提供者によって様々あります。
小生が登録して使用しているものは、バナーエクスチェンジ以外に他のメリットが得られるもの、表示枠が大きすぎないものなどの基準で選んでいます。